企業を夢見るあなたをベンチャーサポートがフォロー

より安全な取引のために

クレジットカード

本人確認の方法

身近な支払手段となったクレジットカード決済は、現金の授受が難しいインターネットショッピングによく利用されています。クレジットカード決済で最も重要になるのは、カード番号、名義人、有効期限です。これらの情報が第三者に知れてしまうと、カード本体は利用者の手元にあったにもかかわらず不正利用され、身に覚えのない請求書が届くというトラブルが発生するのです。このような事態を防ぐためにはセキュリティコードの確認が有効です。カード裏面に印字された3桁の数字を入力しないとクレジットカード決済ができない仕組みになっています。一方、実店舗においては決済端末を通じてカード情報の読み取りが行われます。基本的には発行された伝票にサインを求め、カード裏面に署名したサインと同じものを記入してもらうことで本人確認を行います。しかし利用者本人しか知らない4桁の暗証番号を入力してもらうことでさらにセキュリティを高めることができるのです。プラスチックのカード1枚で支払いができるのは便利ですが、管理を間違えると悪意を持った第三者に不正利用されてしまうこともあります。現在では利用者に落ち度がなければ使用金額が補償される体制が整っているので安心です。クレジットカード決済は利用者にとっても便利ですが、経営者にとっても便利なものとなっています。現金だけでなくクレジットカードという選択肢が増えることにより、顧客の増加も見込めるからです。ただ導入するときには、セキュリティがしっかりとした会社に依頼するようにしましょう。